参加資格
国内セラー参加資格
自治体、自治体観光協会(連盟)、観光関連団体、旅行会社、運輸・交通機関(鉄道、航空、レンタカー、バス、船舶等)、テーマパーク、観光施設(スキー 場、ゴルフ場等のレジャー施設、温泉施設等)、都市型商業施設、コンベンションビューロー、ホテル・旅館等の宿泊施設等の観光関係事業を日本国内で合法的に営んでおり、外国人旅行客受け入れについて海外バイヤーとの具体的商談が可能であることとします。

【注意事項】
本事業では、予定数を大幅に上回るお申込みが見込まれるため、原則1団体1申込みとさせていただきます。
また、幅広い業種の皆様にご参加いただくため、同地域の観光関連団体やグループ企業の方々には、まとめて1申込みとしての共同参加をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

非合法的な取引や反社会的勢力・組織との関連が認められた場合は、主催者の判断により参加を取り消す場合がございます。

※詳しい参加規約はこちらをご覧ください。
参加申請方法
国内セラーの参加申請方法
■ 参加申請期間
2019年4月15日(月)12:00 – 4月17日(水)17:00(予定)
※参加申請者が規定数を越えた場合には受付を終了します。

■ 参加申請方法
2019年4月15日(月)12:00以降、当サイトの「新規登録」ボタンからメールアドレスの登録ページに進み、メールアドレスを登録してください。登録したメールアドレスに「参加申請フォームURL」が記載されたメールが送信されますので、参加申請フォームのページに進み、登録情報を入力し、入力内容をご確認後、送信してください。

※このメールは自動送信にて即時発信しています。しばらくしてもメールが届かない場合は、迷惑メールとして扱われている可能性がありますので迷惑メールフォルダーを確認してください。

■ 参加承認連絡
参加申請いただいた後、1~2週間程度で参加承認の結果をお伝えするメールをお送りいたします。
※参加の申請をいただいた全ての方に参加「承認」か「非承認」の連絡を差し上げます。

■ 参 加 料	62,100円(税込)
※参加料には、商談会2名様参加料(22セッション(予定))、意見交流会2名様参加料、配布物等基本備品一式が含まれます。

※商談会へは、2名を上限として追加参加が可能です(最大参加者数4名)。商談会追加参加は、1名に付き10,800円(税込)となり、別途オプションにて受付いたします。

※意見交流会へは、1お申込みに付き2名までの参加となります。商談会に追加参加をされている場合でも意見交流会へは原則2名までしか参加できませんので予めご了承ください。

※上記参加料のお支払い方法については、参加承認確定後に事務局より別途ご案内いたします。
※入金後の払い戻しは対応いたしかねます。
参加申請
登録スケジュール
登録申請 2019年4月15日(月) 12:00 – 4月17日(水) 17:00 (予定) ※申込多数の場合、締切日以前でも受付を終了する場合があります。
当サイトの「参加登録」タブからメールアドレスの登録をしてください。
登録したメールアドレスに「参加申請フォーム」が自動送信されますので、基本情報を入力してください。参加申請が完了すると、受付のお申込順に承認審査を行います。承認された場合には、1~2週間後に「承認メール」を送信しますので、詳細情報等の登録にお進みください。
詳細情報登録 2019年4月26日(金) 17:00 締切
参加申請の承認後、詳細情報を登録してください。
詳細情報は、アポイントメントマッチングの際にバイヤーが参考とする情報になります。情報が入力されていない場合、希望する商談が成立しない場合がありますのでご注意ください。
また、必ず4月26日(金) 17:00 までに入力を完了させてください。期日までに入力がないと、多言語表記が間に合わず、日本語での表記となります。なお、4月26日を過ぎて入力された情報は準備でき次第、随時情報が更新される予定です。
こちらの事情により情報登録〆切のご調整をお願いする方には個別に事務局よりご案内いたします。
第一次アポイントメントマッチング登録(個別アプローチ) 2019年5月21日(火) – 5月29日(水)
一次マッチングでは、参加者相互のリクエストによって商談スケジュールを埋めていただきます。商談を希望するバイヤーを選択してリクエスト登録を完了させてください。この情報はバイヤーに送られ、バイヤーが承認した場合に商談が確定します。同様に、バイヤーからのリクエスト情報がログイン画面で確認できます。希望するバイヤーのリクエストに対して「承認」を行ってください。
「商談リクエスト」や「承認」、「否認」の決定は参加者ご自身の判断にお任せしますので、商談のリクエストを出すバイヤーやリクエストを受ける場合は、バイヤーを十分に確認し、検討した上で判断してください。一度組まれた商談はキャンセル出来ません。人気の高いバイヤーは、早期に商談スケジュールが埋まってしまいますので、できる限り早めの行動、判断をお勧めします。
第二次アポイントメントマッチング登録(システムマッチング) 2019年5月30日(木) – 6月5日(水)
二次マッチングでは、一次マッチングで埋まらなかった枠を事前にWEB登録していただいた商談リクエストを基にシステム上のマッチングを行います。商談を希望するバイヤーや希望業種、地域(国)を選択してリクエスト登録を完了させてください。商談リクエストが登録されていない場合は第二次アポイントメントマッチングが成立しませんので、ご注意ください。なお、商談を希望しても互いのスケジュールが合わない場合は、商談が成立しません。
その他の登録等 (適時)
コーナー情報・個人情報の登録、アンケート調査等、事務局より適時ご案内をいたしますので締め切りまでに登録をお願いします。
参加規約
国内セラーの参加料は、62,100円(税込み)/1申込み(意見交流会への各2名の参加費用が含まれている)
【国内セラー参加規約】
1. 主催者等
本規約における主催者とは、日本政府観光局(以下「JNTO」という)のことをいい、事務局とは主催者からVISIT JAPAN Travel Mart 2019 -EAST ASIA-(以下「VJTM2019 -EAST ASIA-」という)の企画・運営業務を受託した事業者をいう。
2. 参加対象
「国内セラー」
海外バイヤーとの商談又は意見交換が目的の以下の事業者とする。
自治体、自治体観光協会(連盟)、観光関連団体、旅行会社、運輸・交通機関(鉄道、航空、レンタカー、バス、船舶等)、テーマパーク、観光施設(スキー場、ゴルフ場等のレジャー施設、温泉施設等)、都市型商業施設、ホテル・旅館等の宿泊施設等の観光関係事業を日本国内で営んでおり、訪日外国人旅行客受け入れについて海外バイヤーとの具体的商談が可能であること。
3. 参加方法
参加は1枠(商談枠)につき1社・1団体とする。
4. 申込と登録
「国内セラー」
参加希望の場合は「VJTM2019 -EAST ASIA-」公式ホームページ内「参加申請」ボタンから登録申請を行わなくてはならない。
5. 申込の締め切り
申込の締め切り日は、2019年4月17日(水)17:00とするが、申込多数の場合は締め切り日前に受付を締め切る場合がある。
6. 参加料の支払い
参加者は参加料(出展料)を支払う。(62,100円(税込み)/1申込み)
参加料は、事務局が指定する口座へ振込むこととする。なお、振り込み手数料は参加者負担とする。

参加料の入金が支払期限を過ぎても行われない場合、事務局は割増料金などの措置をとることができる。
7. キャンセル料
参加承認後の参加取消については、理由を添えて必ず書面(e-mail可)にてJNTO及び事務局まで提出しなくてはならない。なお、キャンセル料は以下の通りとする。
(1) 2019年5月10日(金)までに解約する場合は免除
(2) 2019年5月11日(土)~5月17日(金)までに解約する場合は参加料の50%
(3) 2019年5月18日(土)以降の解約は参加料の100%
8. ペナルティ
参加者の申込み内容に虚偽の記載がある、またはJNTOの定める規約遵守に同意しない等、参加が相応しくないとJNTOが判断した場合には、登録承認後であってもその登録を取り消すことができる。
9. 調査協力義務
全ての参加者は主催者が「VJTM2019 -EAST ASIA-」の改善を目的として実施するアンケート及び成果把握等の調査について協力するものとする。
10. 肖像権
全ての参加者は主催者に対して、「VJTM2019 -EAST ASIA-」開催中の公式行事等における、記録写真・VTR等に関わる肖像権を以下の態様において利用することを許諾しなければならない。
・「VJTM2019 -EAST ASIA-」公式ウェブサイト及び書面による実施報告書等
・次年度以降の「VJTM2019 -EAST ASIA-」公式ウェブサイト、各種印刷物等
・その他主催者が定めた同種事業に関わるウェブサイト、各種印刷物等
・国内メディア取材における各種媒体掲載等
11. 主催者・事務局の賠償責任
①理由または時期の如何にかかわらず、本「VJTM2019 -EAST ASIA-」が開催されない時は、主催者・事務局は参加者にその時点ですでに「VJTM2019 -EAST ASIA-」準備のためにかかった費用を差し引き、参加者の払込金額に応じて払込金を返還する。
②主催者・事務局は理由の如何を問わず本「VJTM2019 -EAST ASIA-」のとりやめ、早期閉会、開催延期あるいは会場の移転などが、参加者の利益にとって必要かつ望ましいと判断し、それを実行した場合、参加者に及ぼす如何なる損害に対しても責任を負わないものとする。
③主催者・事務局は、火災、天災、盗難、その他の原因によって、参加者、その従業員や代理店、一般公衆その他の第三者が被る事故または一切の損害に対して責任を負わないものとする。
④主催者・事務局は、参加者またはその従業員や代理店の不注意その他によって生じた本「VJTM2019 -EAST ASIA-」の建築物または施設に対する一切の損害について責任を負わないものとする。
⑤主催者・事務局は、本「VJTM2019 -EAST ASIA-」のガイドブック及びその他のプロモーション用資材の中に偶発的に生じた誤字、脱字などに関する責任は負わないものとする。
⑥主催者・事務局は、参加者の所有物の破損、搬入、搬出時の貨物の紛失、及び運搬費用については責任を負わないものとする。不適当な梱包等によって生ずる損害や展示品や資料等が未到着の場合も参加者自身の責任となる。
12. その他日本国内の法律及び関係法規の遵守
参加者は、日本国内の法律、本「VJTM2019 -EAST ASIA-」会場に適用される安全及び消防法規等、関係法規を遵守しなければならない。
13. 参加の拒否
参加者が本規約に違反した場合及び事前アポイントメント登録件数が著しく少ない場合には、主催者は理由の如何に関わらず参加者の本「VJTM2019 -EAST ASIA-」への参加を拒否し、排除する権利を有する。参加者が本規約の違反により排除された場合には、参加料は返還されないものとする。

事務局は次に掲げる場合において、判明した時点で出展承認を解除する。
(1)「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号)による指定暴力団及び指定暴力団員(以下「暴力団」および「暴力団員」とする)またはその関係者、その反社会勢力であることが判明したとき。
(2)暴力団または暴力団員が事業活動を支配する法人、その他の団体であることが判明したとき。

会期中会場内において参加者の迷惑になる行為を行ったと主催者が判断する場合は即刻退場させることができる。
また、その際参加料の払い戻しは行わない。
14. 規約の変更と追加
この規約に定めていない事項、またはこの規約の条項について疑義が生じた場合は、参加者、主催者及び事務局双方とも誠意を持って解決を図ることとし、最終的には主催者の決定に従うものとする。主催者は本「VJTM2019 -EAST ASIA-」の目的のために必要と判断した場合は、参加者に通知の上、この規約を改訂あるいは追補することができる。参加者は主催者が通知した本規約の最新版あるいは「VJTM2019 -EAST ASIA-」公式ウェブサイトに掲載した内容を把握しなければならない。
15. 紛争処理
この契約に関する紛争の解決については、東京地方裁判所を管轄裁判所とする。但し、紛争の当事者が仲裁による解決に合意し、仲裁人を選出したときには仲裁人の決定により解決するものとする。
アポイントメントリクエスト方法
■ 第一次アポイントメントマッチング
※「商談を希望する相手への直接リクエスト」と、「相手から送られてきた商談リクエストの承認」という2つの作業によって、参加者相互の希望によりマッチした商談スケジュールが確定します。
※希望する商談を数多く成立させるためには、「リクエスト」と「承認」の両方を積極的に行っていただく必要があります。

■ 第二次アポイントメントマッチングのリクエスト
※商談を希望する相手先の登録をしていただきます。(地域・業種など)
※登録していただいたリクエストに応じて、システム上でのマッチングを行い、第一次アポイントメントマッチングで埋めることができなかった商談枠を埋めていきます。

■ ご 注 意
※アポイントメントマッチングでは、先着順(承認順)で商談枠を埋めていくため、「リクエスト」や「承認」が遅くなればなるほど、空き商談枠が少なくなり、商談が成立しないこともございますのでご了承ください。
※例年、海外バイヤーの承認が遅くなる傾向が多く見られます。リクエスト先への承認依頼メール等、直接アプローチも有効となりますので、参加社情報を積極的にご活用ください。
保健所規定
基本規定
《提出書類》
商談時に試食提供を行う場合は保健所への申請が必要です。これら申請は「VJTM2019 -EAST ASIA-」事務局で一括して保健所に申請します。
商談時に飲食物を提供する参加者は、「飲食品取り扱い申請書」を6月7日(金)までに「VJTM2019 -EAST ASIA-」事務局に申告してください。
※「飲食品取り扱い申請書」を提出していただきます。
※申請内容に変更が生じた場合は、直ちに「VJTM2019 -EAST ASIA-」事務局へ報告をし、再申請をしてください。
※内容によっては主催者及び保健所の許可が下りない場合があります。飲食品取り扱い規定に応じた内容で申請してください。

飲食品取り扱い申請書

《注意事項》
・手洗いは逆性石けんなどの手指の消毒液を必ず用意して、実行してください。
・必要に応じて使い捨て手袋、アルコール消毒スプレー、ペーパータオルを用意し、衛生管理に努めるようにしてください。(これらのみを使用して手洗いの代用とすることは認められません)
・飲料、食品は衛生的に取り扱いください。
・食器類(皿、コップ、スプーン、フォーク等)は必ず使い捨ての容器を使用してください。
・使い捨て容器を処理するためのゴミ箱等を設置し、適正に管理してください。
・日本国内以外の食品・飲料品は検疫許可を得たもの以外は提供できません。
・会場内の給湯室の使用は原則として認められません。
・飲料品・食品の販売は認められません。
食品・飲料の提供

「VJTM2019 -EAST ASIA-」の商談会場内で食品・飲料の提供をする際に飲料や食品に直接手を加えたり、手に触れたものを提供することはできません


■飲料・食品等を商談時に提供する場合は以下の形式で行ってください。
 不特定多数の方への飲料・食品を提供する場合
 ・密封、梱包された未開封の食品・飲料

 商談時に商談相手へ飲料・食品を提供する場合
 ・密封、梱包された未開封の食品・飲料
 ・飲料の使い捨てコップへの注ぎ分け(飲み物に直接手を加えない)
 ・食品の使い捨て皿への小分け(食品に直接手を触れない)
 ・ウォーターサーバー、電気ポットを使用して沸かした湯によるインスタント飲料の提供

■飲料・食品を提供する際に以下に該当するものの提供は認められません。
 ●提供の際に手作業を必要とするもの
  ・その場で切り分け、皮むき等が必要な食品
  ・器具を使用した調理が必要な飲料・食品(切る・煮る・焼く・揚げる・蒸す等)

 ●常温での保管、保存が不可な飲料・食品
  ・但し、自社にて冷凍・冷蔵保存をした状態で試食提供できる場合は可とします。

 ●臭気が発生する飲料・食品

■アルコールに関して
 ●アルコール飲料及びアルコールが含まれる食物をその場で飲める(食べられる)状態で提供することはできません。
  ・但し、持ち帰りいただけるように密封、梱包したものを渡すことは可能です。なおそれらは会場内で飲食せずに必ずお持ち帰りいただく旨を伝えた上でお渡しください。
  ・未成年者へのアルコール類の提供は固く禁止します。

■アレルギー表示に関して
 ●アレルギー物質を含む飲食品はその原料の表示が義務づけられています。
  ・アレルギー物質が含まれる飲食品の提供をする場合は、その使用物質を「アレルギー物質表示表」に明記することを義務づけます。
商談の心構え
効率的な商談のために
限られた時間の中で効率的で有効な商談を行うためには、十分な準備と独自の工夫が必要です。下記に過去のアンケート結果等から考えられる留意事項を記載いたしますので参考にしてください。
下記の内容は一般的なものですので、実際の商談に当たっては、各バイヤーがWeb上に登録している情報やホームページ等をよく確認し、相手に応じた準備をすることをお勧めいたします。
商談会における公式言語
商談時の使用言語は原則バイヤー各国の言語にて行っていただきます。
海外バイヤーのブースには、必要に応じて各国語通訳1名が配置される予定です。
資料等の言語
バイヤー自国の言語による資料があると大変喜ばれます(帰国後にセールスツールとして活用できる)ので、可能なものは極力ご用意ください。
準備する資料について
豊富な情報、写真データなどが入る電子データ(DVD・CD・USBメモリー・フラッシュメモリー等)をご用意ください。電子データは自国へ持ち帰った後で社内共有も容易となり大変喜ばれます。大量の紙資料は、荷物重量の関係で全てを自国に持ち帰ることができず、毎年多くの資料が会場に放置されたままとなっております。商談相手へ確実に資料をお渡しすることを優先した対応、準備をすることをお勧めいたします。
必要な情報について
バイヤーから多く寄せられる主な要望は以下の通りです。
*CD-ROM・DVDでの写真提供。(パンフレット作成時に利用できるよう高解像度かつ二次利用が可能なものが好ましい。)
*電子パンフレットの提供。(書面でのパンフレット配布は帰国後の社内での情報共有が難しいために好まれません。商談後にバイヤーのEmailアドレスにPDF等にて資料を送信するなどのフォローをお勧めします。)
*具体的な料金(ラックレート、団体・FIT参考レート)が示されたもの。(英語での料金表は必須)
*施設概要、地図、アクセス情報(個人旅行者が移動する際の詳細なアクセス情報)
*周囲の観光箇所の位置関係が分かりやすいもの。
*インバウンドツアー等の受入実績や好評なサービス事例等。
*その地域ならではの情報(体験プログラム、お祭り、イベント、郷土料理、お土産等。)
*最新情報、最新スポットの情報。(今年に入って変わった又は加わった情報、インターネットなどで入手不可能な情報等。)
*四季ごとのアピールポイント。
*継続的に交渉をしていくための明確な情報(連絡先、担当者)
その他の留意点
*商談相手の情報をHPなどで十分確認したうえで、その特性に合せた情報提供を行う
*商談においては、一方的なプレゼンテーションにならないよう、相手の要望や特性等を聞き出し、その希望に添った情報提供を行うことが重要。
*自社の売りのポイントをしっかり整理して商談に臨む
*時間厳守(時間に遅れない、時間前に始めない、時間までに終わる)
*各地域の特性に合せた情報(中国市場には・・・、)を調べた上でプレゼンテーションをする

PAGE TOP